我が町、西ノ島。

 わたくし、妹がいまして隠岐に帰ったら「牡蠣送れ。」

その一言です。

 えぇ、かわいい妹のためです。お兄ちゃん牡蠣送りましたよ。

 広島とか松島の牡蠣はマガキになりますが、隠岐の牡蠣は岩ガキ

になります。

 岩ガキは春から6月くらいまでが時期らしく、今くらいから5月の上旬くらいまでが

うまいらしいです。

 産地直送の岩ガキの養殖している所に買いに行って

岩ガキの生態からいろいろ教わりました!とりあえず植物プランクトンをいっぱい

食べて成長する。波が高かったら口を開けない。

 そのため、焼火山の栄養と浦郷湾の静かなきれいな海の条件がそろっているので

西ノ島の岩ガキはうまいと、おじちゃんは言ってました。


ホンマかいなぁ~~。

って事でオレも買って・・・。

(って思ったら、これはサービスって1人分くれた。めっちゃ素敵やん。)

おじちゃんに教わった通り開けたら、

画像


プリプリ・トロトロの、貝柱がシャッキシャキ。

あぁ、もう一回食べたい。

後は、酒蒸しにして、台所で食べてしまったので、写真はありませーん。



 そうやって今の隠岐の事は話せれるのですが、きちんと昔からの西ノ島の事あんまり

知らない事に気づき、西ノ島ふるさと館に初めて行ってきました。

 西ノ島町民だったら無料だったのですが、証明するものを持っておらず、残念。

入館料払いました。

画像



西ノ島の歴史とか、民俗とかを紹介したり、

画像


少し前の西ノ島の写真があったり、

画像


これは美田の写真です。まだユアーズが出来てなくって、道幅も狭く、

田んぼがあって大津の海岸はこんなんだったのかぁ~と普通に勉強になりました。

 ふるさと案内人の方もおられて、美田の田んぼは減反政策のためと、畜産が盛んであった

ため、現在の牧草地に変わったとの事でした。


あれっ?オレじゃねんかなって写真が展示されてあったり。(本当に)

画像


 昔の西ノ島の生活を見て、貧しいけど豊かだなぁと思う反面、今のようにフェリー等の交通や

インターネットが繋がる環境でないと、今の自分が豊かだなと思う昔の時代に

隠岐に住めるかと思うと難しいですね。

 やっぱバランスって難しいですね。


 そして、奥にはゆっくり出来る部屋があって、机も椅子もオシャレで使い勝手

がよさそうだし、なんせ景色が抜群にいいっていう環境。

画像


 コーヒー飲めて、コンセントあったらパソコンもずっと使えるし最高じゃね?

って思いましたが、館内は飲食禁止。コンセントも近くにありませんでした。

 西ノ島町民は無料なので、逆に本だけ持って行って、ぼーっと本を読んでいる時間も

贅沢でいいかもしれないですね。

 言ってしまってるけど、穴場見つけましたわ。

                                                          あかざわ





 
 

"我が町、西ノ島。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント