忘れられない島の授業

同年代の島の友人たちと食事をする機会があった。

彼らの子供時代に話が盛り上がった。

内容は、

小学校の授業の中で、アメフラシを食べるというもの。

島で何かが起こった時のための、サバイバルである。

当時、子供だった彼らは素直に食べたそうだ。

いまだに、印象的で忘れられない授業だったらしい。

その授業をした先生が、偶然食事の席に居合わせた。

学校を卒業して、立派に成長した彼らと先生との関係。

約20年以上。

とても絆が深く見えた。

都会では得難い、かけがいのない関係である。

 
   ところで、あめふらし。

 
画像


   

   
   島の授業は、エキサイティング。
 


"忘れられない島の授業" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント