無事に帰ってきました。

 昨日、(5月15日)に隠岐に無事帰ってきました。

宮城県気仙沼市で活動してまいりました。

画像

                           (JR気仙沼駅)

 気仙沼駅に着くと、なんか普通の田舎じゃんって思っていました。

けれど、海の近くに行くと辺りの景色と匂いは一変しました。

元の気仙沼沿岸の姿は僕には想像出来ず、辺り一面瓦礫で、これでも

震災直後よりは大分きれいになった方との話ですが、昨日津波が

きたままの姿の印象でした。

 そして、気仙沼は漁港であり、魚の冷凍倉庫が立ち並んでいたそうです。

その倉庫の被害にあい、海からの風で、魚の腐り、湿気を含んだ気持ち悪い風が

漂う感じでした。

画像

                 (院長のお使いでハローワークで漁師募集のチラシ置くように。
                 お願いしました。仮ハローワークのホテルから撮った気仙沼です。)

画像


画像
          (陸と海が近いのは地震で市場の地盤沈下が起きたためだそうです。
                 満潮になると冠水する個所もあります。)

画像

                  
画像
           (訪問先でもある、大浦地区。震災で重油が海に流れ出し
                 火事になった地区でもあります。)



 コンビニもオープンしており、島前にはコンビニというものが無いので、気仙沼で

何を食べようかなと迷うほどでした。

 しかし、避難所では、おにぎりやパンのみという人もいるようで、こんなに周りは揃ってきているのに

なんでだろうという感じですが、高齢者の方などは、車がなく、避難所から出られないので避難所のご飯を

食べているのだそうです。

 その状況もすぐに解決とはいかず、学校なので、火の気の問題。調理室を使っていたが、学校が再開した

等の問題があるそうです。

 あかざわの仕事のメインは在宅医療支援という事で行って参りました。

訪問件数の約半数の方がジョクソウを有しており、全国から皮膚・排泄ケア認定看護師さんや

ジョクソウが見れる医師などが来ており、皮膚保護材も大量に届いていました。

 ジョクソウの専門家達来られており、勉強させて頂きました。

 実質5日間、活動しました。島前病院は看護師を今後2カ月交代で送る予定でもあります。

自分なりに、気仙沼に2カ月続けて送るため、どうやったら有効に活動できるか。

自分が一週間何が出来るか・・・。

 これからの事。自分や島前病院がやっていることややってきた事。

わたくしの考えですが、急性期の医療であれば、短時間で何らかの効果はみられると

思います。在宅・地域医療となると、お互いの信頼関係を気づいてそれから日々の困った

などを解決していったり調整していったりするので、一週間で何かの効果を出そうと思うのは

在宅・地域医療の点では無理だと思いました。

 本吉地区を訪問した際に、ボランティアで道案内をしてくれる人達がいます。

その一人に退職された保健師さんと一緒に同行させて頂きました。

 その保健師さんは地域の事なら何でも知っており、患者さんや家族が

保健師さんを見ると、ホッとリラックスした笑顔になりました。

 地域の方のために地域の方が震災前の在宅療養が出来るように

復興お手伝いできたらいいんじゃないかと思いました。

 って気づいたら一週間経っており、今度のまえちゃんに託します。

一週間、本当に早かったです。

 訪問した患者さんや家族の方ですが、みんな

震災の事を話たがらないと勝手に思っていましたが、みなさん詳細に

話して下さいます。

 一日の訪問件数は3件くらいなので、ゆっくりお話を聞かせて頂き、

ちょっとでも気が楽になったのなら、気仙沼に行った甲斐があったの

ではないかと思いました。

 日本だけでなく、アメリカで仕事をしている医師、看護師さんや

いろんな場所で活躍している医療者の方と仕事をする事で

一回り大きくなった感じがします。

画像

                  (島根県浜田市役所から来てた先生と保健師さん)
                   
東北新幹線で一ノ関駅で乗り換えでした。

時間があったので、6月に世界遺産になる平泉町

に行ってきました。

 観光シーズンらしいのですが、売店のおっちゃんによると

閑散期並みらしいです。

画像

                     (教科書で見たことある中尊寺金色堂)

 次に行くまえちゃんと申し送りのため東京に向かいました。

ジャパンハートで隠岐に来ていた人達のたまたま一緒になる事が

出来て、電車の時間もあったので、15分くらいでしたが

楽しい時間も過ごすことができました。
画像

                (品川駅でみんなで会うと変な感じでした。)

 今度は、お留守番として、がんばって働きます。
 
 そして、東北が早く復興できるように願っています。

                                                    あかざわ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

お~む
2011年05月18日 22:28
あかざわさんお疲れ様です
私は明日島後と島前の仕事。月曜日からは気仙沼の仕事です
大島小と面瀬小を担当する予定です。
仕事は心のケアのコンサルティーションです

斉藤Drも行っておられたのですね
あかざわ
2011年05月19日 15:30
お~むさんコメントありがとうございます。
隠岐の仕事をして、気仙沼入りお疲れ様です。

浜田組とは、宿舎(島前病院が勝手に転がり込んだ
形)も一緒で島根トークで和みました。

気仙沼の方のために御健闘お祈りします!!
浜田 さいとう
2011年05月21日 16:22
本日ブログ拝見しました。無事到着できたようで安心しました。あかざわさんの後任のまえちゃんさんも元気にはたらいております。さらに昨日からはうみさんもこられにぎやかです。本日はIDEさんが帰られとても寂しいです。こちらは5月末で中学校撤収の予定になりました。再興のあかしですね。
あかざわ
2011年05月23日 01:34
 さいとう先生コメントありがとうございます。
先生も確か今頃はまだにお帰りだと思われます。
大変お疲れ様でした。そして島前病院がお世話に
なりました。
 中学校の避難所も多数の避難された方がいらっしゃい
ましたが、もう撤収なんですね。
 言葉が難しいですが、気仙沼の支援した事も瓦礫の山も
「今」の話ではなく「過去」の話になってゆっくりと
振り返れる日が早くきたらいいなと思います。

この記事へのトラックバック