学びの宝庫

画像


この写真は看護師の休憩場所です。ここで食事をし、休息をとり、医療の情報が飛び交い、そして先輩NSの豊富な体験を聴き、未熟な私の相談を聴いてくれる、わたしにとっては大事なコタツ部屋

ここの病院は、外来・療養病棟・訪問看護チームと病棟チームとで分担して働いています。

そのため、病棟の看護師さんたちと顔を合わせてお話を聞けるのは、夜勤の療養病棟の夜勤を担当したときか、昼間のコタツ部屋で食事をする時です

コタツでの学びひとつ

今まで私は、食べたい物があれば、食べに行くかネットで注文していましたが、ここの島の方は、1から作っていきます。たとえば、お姉さん主任NSは難易度が高いケーキの写真をみて、注文するのではなく、同じものを完成させます。また他の方は海苔を海に取りに行っておにぎりにします

これが、日常生活で行われていることなので、看護に発展させると、あらゆる面で工夫がされていきます

私が尊敬している一つに、胃ロウから半固形の栄養を注入することです。ここでは市販のものを買うのではなく、患者さんに合ったものを栄養科の方と相談して手作りで行っています。
ここの先輩NSが、役立つ情報を、すぐに行動に移し実践ができるのは、日常生活で培った原材料からモノができるまでのプロセスや知識が豊富なのこと。と
陸続きの本土とは違い、何か起きた時に、まずは自分たちしかいないという環境下の島である故に、行動に移す実践能力や責任感が強く養われているのだとおもいます.

白石院長先生が、「隠岐の女性は強い」と言っていました

本当に強くてかっこいいと思います

隠岐島前病院 看護師オーハラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック