年忘れ!島前病院大忘年会~~!!

 寒波の影響で隠岐もホワイトクリスマスになりました。

そんなクリスマスですが、勤務続きでクリスマスどころじゃなかったっす。

 12日間に及ぶ緩和ケアの研修会が終了し、

(2日間の実習とまとめの日が残ってるけどね。)

 やれやれで仕事をがんばっています。

で、終わってみて、昔のなりたかった看護師さん像と今自分が目指したい看護師

さん像ってのも変わってきてるなって思いました。

 昔は、白い巨塔に憧れて急変時にかっこよく動ける看護師さんになりたかったし、

急性期のバリバリの看護師さんになりたいって思ってたけど

 専門の区分っていうよりも

患者さんが自分の価値観でよりよい医療、納得出来る医療を

選択するよう援助出来る看護師さんになりたい

なって思ってきています。

 救命や延命、そして高度先端医療が受けれるってのがすべて統一された価値観ではないって事。

 勉強の成果なのかな。

 そんな、綺麗ごとみたいな事言ってるけど、この前のブログでは

残念な思いをした人もたくさんいると思います。

 もう一度自分はなんのためにブログをやっているかっていう振り返りにも

なったと思います。

 院内でも個人的過ぎるってご指摘も頂きました。

看護師あかざわは白衣の天使ではない事もみなさんご理解していただいたのでは

ないかと思います。ダメはだったところは反省します。

 何度か言ったかもしれません。あかざわっていう人間を通して、伝わりにくい、分かりにくい

島(過疎地域)の楽しみであったり、

 俗に言うブランド病院での評価は、手術件数であったりガンの生存率が

評価の対象になりますが、看護が全く話にもならないし、まったく関係のない評価のしようがない

小さな病院の医療や看護の楽しさであったり

やりがいを伝えれたらなと改めて思いました。

 病院のパブリックな情報も入れつつね。

 最近、家中主任を中心に退院後訪問ってのをがんばって行こう

ってなってます。

 退院して患者さんの状態を看護師がお宅にお伺いしてお話を聞きに行くって事。

 オレも一応看護師なんで、患者さんのお宅に行ってきました。

勤務の時間内に行くって事で、ちょっくら病棟を抜けて患者さんのところにへ。

患者さんにとっても、あの時は~という感じで、いつでも病院がそばにいるって感じられて

安心だと思うし、看護師としても入院の経過も分かっているし、お家に帰ってからの

様子も分かって、より患者さんの事を考えれるようになったなって思いました。

 入院から関わって退院してからもお伺いして、オレよりもみのもんたか

細木和子に相談した方が的確にアドバイスもらえるよって話を聞きつつ

コーヒー出してもらって元気ですかって話だったけど、人生を支えるっていうのも看護だなって

今日は新たな看護のやりがいってのを発見したやーな感じです。

 病棟から在宅に行くと、同じような事かもしれないけど新たな気づきがありますね。

 そして、また外来で会ったり入院してきたら、もう、患者さんの事分かってるっていう。

ポジティブなスパイラルが生まれる!!



 さてさて、前置きがめっちゃ長くなってしまいましたが、

今年もお疲れ様という事で、島前病院も忘年会が開かれました~!!

画像


 ビンゴ大会が開かれ~の~

画像


 オレは全く当たらず・・・。

今度は、ダンスパァティ~~パァティ~NIGHTという事で~

 ヒィゥ~ウィ~GO~!!

って事で、キンニャモニャっ。

(隠岐の民謡)

画像


をみんなで総踊り。

 んでもって、先生と事務の出し物だけど、

ちょっと、きつかったので、ご想像にということで・・・。



 二次会になりーの、さーちゃんwithなだっくまの

ステージが始まり夜は更けて行きましたとさ。

画像


 そして、普段はあまり見せない院長のこの笑顔!!

画像


楽しかった事が伝わりますよね。

 今年一年も笑いが絶えない病院であった事は間違いないと思います。


                                     あかざわ

"年忘れ!島前病院大忘年会~~!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント