番外編!!!島前病院はワールドワイド★

こんにちは、ジャパンハートというNPO団体からの研修生としてここ島前病院で半年間お世話になりました!!!
島前病院の卒業生です。
今回は番外編です。
ブログ読者のみなさんすみません。
島前病院のことではなく私の話になってしまいます。でも今回島前病院は島を越えて日本を越えて、ワールドワイドということをお話ししたくてブログを書かせてもらいます。

私は10月に島前病院の研修を終えて今別の場所で、看護師として研修をさせていただいてます。
その新な場所というのは・・・。ちょっとこの写真から分かるでしょうか????これは、活動している病院です。
画像


画像


ピンポーン!!???カンボジアです。
今、ここはとても暑いです。そして蚊も多い。そしてデング熱にかかる人も多い・・。(今年は特にそうらしいです)
O型の私は蚊にとっては大好物なんでしょうね。毎日が蚊との戦いです。蚊だけでなく、色んな虫に食われてます。
いつかデング熱にかかるんじゃないかと毎日ひやひやしてます。
ここへ来た当初は、日本が恋しくて、隠岐が恋しくて・・・夜も寝られない日々でした。
でもありがたいことに、すぐに仕事が始まり、今は忙しい日々を過ごしてます。

ちょっと活動について説明しますと、
活動拠点は、プノンペンにある事務所で、医療活動・保健活動を行ってます。
あと、奨学生支援で医学生や看護学生に対して支援を行っています。
医療活動は、2か月に一度のペースでプノンペンから離れた村の病院で行われます。
手術室と病棟の一部は、その病院から借り、日本から医師と看護師が短期間滞在して手術ミッションを行っています。(詳しくは、ジャパンハート団体の方にもホームページがあるので、気になる方は見てみてください。)
現地に滞在する私達看護師と通訳とでチームを組んで活動を進めていきます。
画像
画像

つい先週、手術ミッションが行われました。
私たちは村の病院まで、サーカス団か!?ってくらい多くの医療器材を一台のワゴン車に詰め込んで出動します。(本当にびっくりするくらい、詰め込みました。その隙間に私たちも乗り込みます。)
今回の手術は、ヘルニア、甲状腺、陰嚢水腫、包茎といった疾患がほとんどで、5日間で合計40人近くの手術が行われました。
画像画像


私の病棟での楽しみといえば、患者さんとの関わりです。
病棟にはカーテンなど置いてなく、ベッド隣どうしが丸見えで、患者さん達の生活はオープンです。
でも現地では当たり前。
隣の患者さんどうしが仲良くなり、一緒にご飯んを食べたり、一緒に寝てたりしている姿を見ることができます。
そして子育てまでも一緒にしています。
その姿を見ていると、とても心がほっとします。
日本にも、助け合いの心はあるけど、こうやってお互いを思いやり、大事にするところは、私を含めて少ないんじゃないかなと思います。
ここにいると、本当の幸せは何なのか、何を大事にしないといけないのかが見えてきます。
西ノ島にいたときにも、この様に地域の人々の温かさを感じて、とても心地がいいと思いました。スタッフみなさんからも、看護師の楽しさや、地域医療の面白さを教えてもらいました。

島前病院のワールドワイドとは、島前病院で過ごしたジャパンハート研修生達が、何名か世界へ飛び立っています。
島前病院で、改めて看護師の面白さを教えてもらった私もまた、日本の看護師というものや、看護師の面白さをカンボジアでも伝えられたらと思っています。そのことで島前病院への恩返しが出来たらいいな・・・。
病院までの道のり、いつも空を見ます。
日本で見ていた同じ空が見えて、西ノ島で眺めていたのと同じ星が見えます。
世界はつながってると感じることができます。
ここで島前病院のみなさんのご活躍と健康を祈ってます!!!

かなり長くなりました。すみません、、番外編の話しはこれで終わりです。
今回、現地での帝王切開のOPEを見させていただきました。
これが生まれたての赤ちゃんです。ちょっと生なましいですが、感動したのでのせます。
画像


しらき

"番外編!!!島前病院はワールドワイド★" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント