海と一緒に生きていくということ。

 蒸し暑い日が続いていますが、

皆様の体調はいかがでしょうか??

 島前病院にも、ぞくぞくと熱中症の患者さんが運ばれ

入院しています。

 適度にクーラーをかけて室温を調整し、水分をしっかり取ってくださいね。

心不全等で水分摂取が制限されている方は主治医の方にお尋ねください。

 島前病院のメンバーも、日中は病院の中で涼しいのですが

夜になると暑いので、こぞって水分摂取に行ってきたんだよー!!

画像


 まぁ、進む進む。歩いて帰ったら、こけて膝擦りむいたっていう・・・。


 さてさて、大家のお父さんが海に行くってんで、漁の見学がてらシュノーケリングに

行ってきたんですわ!

 今日の目的は、水中銃での魚突き。

今回は西ノ島か、島前で2番目に高い高崎山の下にやってきました。

画像


 水温が高くなるにつれて魚影も濃くなってきます。

 看護学校の時におぼれて以来、海は怖いもんだと確信したオレ。

船の周りか、海岸線をぱちゃぱちゃ。

  お父さんはでっかい石鯛3匹突いて帰ってた!!

60過ぎだけど、オレが海の底までやっと行けるか行けないかの深さをふつうに潜っていくっていう・・・。

タフやわぁ~。

 プロじゃけんな。


 漁協に出荷まで見せてもらいました。

画像


イシダイ〇kgね、はいはい。で終了。

 隠岐は、市場にすぐに出荷出来ないのと、出荷コストがかかるんだから

値が上がらず不利なんだそうです。うまいのにな。

 んで、見た事も食べた事もない魚もいて、おもれかった!


 隠岐に来て、いろんな価値観の変化ってものがありましたが、

「かっこよさ」の意識も変わりました。

 漁師、牛飼い、農家。

とりあえず、軽トラ乗ってる的な職業の人かっこええって思いますね。

 自然相手に、命張って、メシ食ってる。

  仕事にプライドもって、芯があるといいましょうか。

オレも職種や学歴なんか気にせずに

自分の腕で食っていくってスタンスで

仕事出来たらかっこいいな~。

 やっぱり家に帰ってきたら、くたくたで体が動かねー。 

 海と一緒に生きていくって、簡単に言うけど

簡単なことじゃない・・・。

 ちなみに大家のお母さんは、お父さんが海で死ぬのは

半分あきらめているんだって。

 事故があった時に漁師のみんなが漁を一週間休んでお父さんを探すんで、それが

迷惑になるって・・・。それが一番心配らしい。

 隠岐の女もタフやわぁ~!!

                                       あかざわ

"海と一緒に生きていくということ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント