キューティーハニー今度は西ノ島観光協会の職員に変身してきたの巻

 ここだけの話ですよ。

美味しい肉に見分け方を教えてあげますね。

 あどねぇ~、そではねぇ~~。(オレの言いたい雰囲気分かります?)

子牛の時から分かっていて、毛並み・皮膚の具合。

美味しい牛は皮膚の伸びが違うんだって。

 って、おいっ!!生きとる牛の話じゃがっていう。

 牛飼いの人ってみんな牛がかわいいかわいいって言うんですよ。

西ノ島の牛は子牛を産ます用の牛なんで、子牛を産まして

生計を立てるんですね。

 んで、良い子牛が生まれたら残してその牛にまた子牛を産ますって事をする

らしいですわ。

 歳をとった牛はやっぱり家から出て行かなくてはいけないそうです。

 生計のためって言うけどそれまで「めー子」っていう名前を付けて可愛がっている牛が

家を出るのは寂しいって。

 牧畑に放牧していたら、主人を見つけると山の上から駆け降りてきて、いなくて呼ぶと

来るそうです。

 そんな可愛いめー子が行くのはとさつ場。ミンチになるそうです。

一回見学に行ったことがあるそうですが、番号で牛が吊るされて流れてくるそうです。

肉の状態なので、自分のめー子の番号を教えてもらたそうです。

 めー子が首を切られ、皮を剥がされ。もう見には行きたくない。と。

オレも嫌だ。

 焼肉、食いてーし。うめーうめーって言っていた自分がちょっとごめんって気分になりました。

ご飯を残したらバチが当たるっていうのは、やっぱホントですね。

 そうして、日々患者さんから元気をもらったり勉強させてもらってます。



 さてさて、遅くなりましたが、アイランダー2011に参加してきました。

 日本全国、色んな離島が来てまして、オレもなんだかんだで島が好きなんだな

って思いました。

 隠岐諸島もがんがんに来てほしいですけど、

商売敵の宣伝で、まぁやっぱ有名どころですけど

 オレの行きたい感じでは、まず小笠原でしょ。イルカと泳げる御蔵島。

やっぱ日本最西端の与那国島。んで、夢の又夢・・・。家族が出来たら小値賀(おぢか)島に

行きたいと思いました。

 試食もしてて、アジのくさやを初めて食べましたが、コレ衝撃の味。

食べ慣れないけん、やっぱオレには受け付けんかったです。すいません。

 味は魚のうまみが出てますけど、ほんとにおいがやばい。

画像


 全国の離島が自分の島の良い所をガンガンにぶつけて来てる感じで

とても刺激になったし勉強になりました。

 行くだけでも、ものすごく楽しいし、勉強になりました。

そして参加させてもらって、また勉強にも自分の考える所にもなりました。

 病院から看護師・看護助手の募集で行ったんですけど、

会場では、観光目当てのお客さんが多い感じでした。

 それなんで、キューティハニ―、エセ観光協会職員に変身です!!

隠岐諸島全部行ってるし、マリンスポーツも一通りやってます。

 夏は、プライベートと仕事の割合が半々にウエートがなっちゃってましたが

やっとここでペラペラと発揮出来る所がありました。

 実際にオレらがやってる事で楽しんでるから、やっぱ楽しそうに話せますよね。

そうしたら、お客さんが「うわぁ~。めっちゃ面白そう。」とか言われると

またまた、こっちも嬉しくなって隠岐を紹介しちゃうって感じですね。

 でも観光案内も大変ですね。“エセ”観光協会職員ですからねぇ。

マリンスポーツの目的だけじゃなくって、隠岐に来る目的のお客さんに

後鳥羽上皇だったり後醍醐天皇目当てで来る人もいるんですよ。

そして、食べ物の旬だったり。メジャーだったらわかるんですけど

ちょっとマイナーだったらえっとー・・・。って感じでした。

 その時もモノホンの観光協会職員さんに聞いて、知識を

増やしてモノホンの観光協会職員に近づくっていう感じでした。

画像

            (移住希望の方の説明をする地井さん、いやTさん。
             日曜日、仕事していて食堂で患者さんと一緒に和風総本家釘付けになりましたわ。)
 
 Iターン目的で来られる方も数人いました。

残念ながら看護師の問い合わせは0でした・・・。

でも、看護助手さんの問い合わせは数件あり~ので、その時は

がんばって説明させて頂きました。

 Iターンを希望される方にオレもIターンなんで聞かれることもありましたが

なかなか、コアな感じで島の良さを伝えるって難しいですね。

 毎度、毎度のしょーもないブログの最初のネタですが、その積み重ねが島の良さっていうか

幸せって言うか楽しさだから、言葉にするのは難しいですね。

 なんとか言葉にしては伝えてみました。

 なれんことしてぐったりでしたがすぐに2日間は終了しました。

終わった時には、西ノ島だけじゃなくって隠岐諸島全体で団結感が生まれたようでした。

 打ち上げで隠岐の島町や海士町の方々とお話する機会があり

そちらも勉強になりました。

 けど、最後にはエセ西ノ島観光協会職員。本当は島前病院の看護師です。

 この島の人達やこれから来る人達が安心して暮らせる島にするためには

やっぱり島前病院がいい病院であることが大切なんじゃないかって思いました。

 なんで、やっぱこの病院でがんばって働くことがオレにとっては一番じゃないかな

って思いました。

画像

        (オレが行きたい小笠原のなんかのマスコット。紅の豚のモデルになった島に行ってみたい。)

 今回、あんまり問い合わせなかったけど看護師、看護助手さん随時募集しておりますよ。

 
                                         あかざわ

 

 

 

"キューティーハニー今度は西ノ島観光協会の職員に変身してきたの巻" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント