ヨコワをヨコデ

 休日に家でごろごろしていると、「看護師さぁ~んっ!!」と
呼ぶ声が・・・。

 「魚いるかえ?浜に取りにこいや」と

バケツを持って取りに行くと、さっき海で泳いでいたばかりの
ヨコワとシイラを大量にもらって帰りました。

画像

(ヨコワ)

画像

(シイラ)これでもまだ小さい方

画像


ヨコワとは:
 今、隠岐ではヨコワの旬になっています。ヨコワは
本マグロの子供で、生きたまま生簀に入れて
九州の方に出荷します。またそこで畜養し大きく
育てるらしいです。
 西ノ島でも一部は大きくしているみたいです。
 しかし、マグロはデリケートのため、少し触っただけでも
価値が無くなってしまうので、大きくなるまえに口に
入ってします。
 ヨコワを釣るときに、一緒にシイラも掛ってしまうのです。

 早速、昼ごはんに刺身と焼いて食べました。

そして、夜な夜な魚をさばき、

画像

まぐろって最初から赤身の魚ではないんですね。

数時間塩漬にして、(出来たら氷水にして、海水程度にする。
時間は適当)

仕事に行く前に干すと~。大家さんに網と場所を拝借します。

帰ってみると、シイラとヨコワの干物の完成です!

早速試食!!そら、うまいだわな。


画像


 最近は、サバも塩干にしました。

炭火で焼いて食べると、そら、うまいだわな。

画像


画像


画像


夏に、アジでやってみました。風通しの悪かった
場所と、気温が高かったせいで、嘔気を誘う匂いに
なったアジに仕上がりました。
 今は、気温も丁度よくて、風もあっておいしく
しあがります。
 干す代わりに冷蔵庫に入れていても、干物が
出来上がりますよ。

                              あかざわ






"ヨコワをヨコデ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント