学生研修4 健康教室

画像

写真の左側に法事にきた息子が並んで座っているようにみえる。

そう、このあぐらをかいた人が白石院長。

この日は、健康教室。

学生さんと私と白石院長の3人で、地域の集会所に向かった。

60代のおばさまたちが、80代のお姉さまに料理をふるまい、

院長の転倒予防のお話を聞くのが、今日のメイン。

そこに、学生さんのあいさつと、私の話を前座に入れ込んでもらった。

健康教室で感じたこと。

それは

 本音がきける

病院という医療者が優位のフィールドでは決して分からないこと。

患者さん、住民のニーズ、疑問、噂話、流行り、地区の特性。

地区の人が集まり、近所のホームグラウンドの集会所で院長を呼び、食事をしながら対談。

実際に現場をみると。


サメの軟骨や、ビタミン、サプリメント、院外薬局の疑問を、法事に訪れた息子が、たまたま医者で、これ幸いにとおばさまがたちが質問をし、それに答えている風景だった。

院長は「住民を遠い親戚のように感じている」と。


病院から一歩外に出て、相手のフィールドに入る。

そこからの視点で、病院を見る。医療者を見る。みのもんたを見る。


ほんの少しづつだが、私の中で地域医療が一歩づつ前進している。








"学生研修4 健康教室" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント