伝統的な田楽

突然ですが、みなさんは「十方礼拝」を何と読むか分かりますか?

「十方礼拝:しゅうはいら」と読みます。

私は初めて聞く単語で何度も聞いてやっとこの言葉だとわかりました(笑
2年に1度の例大祭で奉納されると教えてもらい見に行ってきました!

EF82A3CC-D547-424D-A0E7-D2C157AA789F.jpeg
今年は美田八幡宮で例大祭が行われ、「神の相撲」「獅子の舞」とともに「十方礼拝」が奉納されました。

「十方礼拝」とは、古くから西ノ島の美田八幡宮を中心に伝承されている特徴的な田楽で国の指定無形文化財に指定されています。礼拝を繰り返す所作と掛け声からそのような名がついたと言われているそうです。

A0244AFF-EEB9-4E7C-8993-1E355704B312.jpeg

特徴的なリズム、お囃子の中で独特な柄の描かれた笠を始め伝統的な衣装を身に着けて行われました。独特な雰囲気があり舞を見ているとタイムスリップしたような気持ちになりました。

8CAAD879-66A8-4E4C-B210-92038EC81705.jpeg
 
7月の夏祭り、8月はお盆を過ごし、9月に入ってこの十方礼拝を迎えると秋への移ろいを感じる地元の方も多いそうです。実り豊な秋が楽しみです✨
西ノ島ではお盆を過ぎ、涼しく過ごしやすい日も増えましたが、残暑厳しい日が続いています。
みなさんもどうかお身体に気をつけてください*

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント