海と一緒に生きていくということ。

 蒸し暑い日が続いていますが、

皆様の体調はいかがでしょうか??

 島前病院にも、ぞくぞくと熱中症の患者さんが運ばれ

入院しています。

 適度にクーラーをかけて室温を調整し、水分をしっかり取ってくださいね。

心不全等で水分摂取が制限されている方は主治医の方にお尋ねください。

 島前病院のメンバーも、日中は病院の中で涼しいのですが

夜になると暑いので、こぞって水分摂取に行ってきたんだよー!!

画像


 まぁ、進む進む。歩いて帰ったら、こけて膝擦りむいたっていう・・・。


 さてさて、大家のお父さんが海に行くってんで、漁の見学がてらシュノーケリングに

行ってきたんですわ!

 今日の目的は、水中銃での魚突き。

今回は西ノ島か、島前で2番目に高い高崎山の下にやってきました。

画像


 水温が高くなるにつれて魚影も濃くなってきます。

 看護学校の時におぼれて以来、海は怖いもんだと確信したオレ。

船の周りか、海岸線をぱちゃぱちゃ。

  お父さんはでっかい石鯛3匹突いて帰ってた!!

60過ぎだけど、オレが海の底までやっと行けるか行けないかの深さをふつうに潜っていくっていう・・・。

タフやわぁ~。

 プロじゃけんな。


 漁協に出荷まで見せてもらいました。

画像


イシダイ〇kgね、はいはい。で終了。

 隠岐は、市場にすぐに出荷出来ないのと、出荷コストがかかるんだから

値が上がらず不利なんだそうです。うまいのにな。

 んで、見た事も食べた事もない魚もいて、おもれかった!


 隠岐に来て、いろんな価値観の変化ってものがありましたが、

「かっこよさ」の意識も変わりました。

 漁師、牛飼い、農家。

とりあえず、軽トラ乗ってる的な職業の人かっこええって思いますね。

 自然相手に、命張って、メシ食ってる。

  仕事にプライドもって、芯があるといいましょうか。

オレも職種や学歴なんか気にせずに

自分の腕で食っていくってスタンスで

仕事出来たらかっこいいな~。

 やっぱり家に帰ってきたら、くたくたで体が動かねー。 

 海と一緒に生きていくって、簡単に言うけど

簡単なことじゃない・・・。

 ちなみに大家のお母さんは、お父さんが海で死ぬのは

半分あきらめているんだって。

 事故があった時に漁師のみんなが漁を一週間休んでお父さんを探すんで、それが

迷惑になるって・・・。それが一番心配らしい。

 隠岐の女もタフやわぁ~!!

                                       あかざわ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まる
2012年08月19日 01:57
初めまして。

私は最近まで隠岐の島の存在を知りませんでした。(冒頭から、隠岐の方々に失礼なことを言って申し訳ありません。)数週間前に、とある理由から隠岐の島について知ることになり、まず隠岐の自然に魅かれました。そして、仕事とは関係なく、旅行として隠岐に行きたいと思い検索していたところ、こちらのブログに出会いました。


そして、ブログを読んでいくうちに、隠岐に住む方々にお会いしたい、隠岐の地域医療に携わられている方々とお話しがしたいと思う気持ちが生まれ、その思いが強くなりました。


ブログで述べられていた「価値観がかわる、かっこ良さの意識がかわる」ことがどのようなことなのか、隠岐の島に、隠岐に住む人々にどのような魅力があるのか、そこで地域医療の最前線におられる皆様はどんなことを感じ考えながら看護を行っているのか。


いろいろなことを聞いてみたい。そのような思いが強くなりました。


現在、私自身が離島や山間部等での地域医療に関心があるかといわれると、正直なところ「わかりません」というのが答えです。しかし、地域医療の最前線におられる皆さんのお話をきき、自分自身を見つめたい、自分が目指す目標は何か再確認したいという思いがあります。


この1年の間に隠岐に訪れたいと考えています。訪れた際にそのようなお話を聞くことは可能でしょうか。
あかざわ
2012年08月19日 13:37
 まるさん、コメントありがとうございます。

 隠岐島前病院も、壱岐島前病院とよく間違われます!
 
そして、ぜひぜひ呑みましょーー!!
 とびっきりのメンツをそろえときますね。

 もし、医療職の方であれば、病院での実習
を受け入れておりますので
そちらも参加していただけたらと思います。

 ぼくの考えと致しまして、離島や、医療に興味がなくても
まるさんの生き方をどう考えるかって事をお話ができたらと
思います。
 隠岐の生活や文化、自然がすばらしいだろ!
他にはないんだぜ!って考えを受け入れろってよりも、
こんな島や生活があり、こんな価値観を持った人
が住んでたって事を知ってもらえるだけで十分だと
思っています。

 ご来島していただける日を楽しみに待っております。

お手数ですが、病院の方にメールして頂き連絡先を教えて
いただけたらと思います。
http://fish.miracle.ne.jp/dozen/contact/index.htm
まる
2012年08月19日 21:48
ありがとうございます。
私は、あかざわさんと同職です。実習を受け入れていただけるということですが、島前病院の就職希望でなくても受け入れていただけるのでしょうか。

私の勤める病院では、他病院への交流や研修・実習に行く場合には、事前に自分の所属する部署の責任者に申請し許可を得て、病院長の許可をもらってから行くという手続きが必要です。病院全体のスタッフが、どの人がどこに研修・実習に行くというのが、はっきりわかる公な形で行くことになります。なので、病院へのメール・申し込みと聞き、とても敷居が高く感じ、自部署に断りを入れていかなければならない、実習場所へも大きな目的や理由を持って臨まなければならないと、少しプレッシャーに感じてしまいました。

また、疑問点として病院間の公な約束がなくても個人申込みで実習に行くこと、それを自分の所属部署に伝えずに実習することは可能なのでしょうか。実習先で何かあった場合に問題はないのでしょうか。実習というより見学がメインとなるのでしょうか。いろいろ質問してしまい申し訳ありません。
まる
2012年08月19日 21:52
現在、私は今の職場で多くの患者さん・スタッフに支えられ仕事をしています。今の職場を大切にしたいと思っており、ここまで支えてくれている皆さんとの関係を大事にしたいと考えています。

なので(というのも変ですが)、島前病院の地域医療について知りたいという純粋な気持ちで行きたいのですが病院見学に行ったということをあまり自部署に知られたくないと思いがあります。

後ろめたいことは全く何もないのですが、何となくいろいろ考えてしまい、本当に失礼でごめんなさい。性格的に厄介で面倒くさい人間で本当にごめんなさい。

私個人的には、迷惑でなければ、病院見学・実習参加という形ではなく、隠岐の
自然や暮らしを体感し、その中でお話を聞くことができたらいいなと思います。
そして、ブログの中に載っている皆さんのような笑顔になれたらいいなと思います。

最終的に、病院実習や見学希望でなくて、島に訪れて皆さんとお話しがしたいという場合も連絡先を伝えるには病院のメールにするのでよいのでしょうか?

長々と質問や回りくどい書き方をしてしまい、大変失礼しました。ありがとうございました。
あかざわ
2012年08月20日 01:47
 まるさん、コメントの返信ありがとうございます。

 病院に直接メールして下さいって言ったのが
プレッシャーになっちゃいましたかね・・・。

 小さな病院で、地域との垣根も低く又、他の
施設とも垣根が低いのが島前病院です。

 このブログ、どこから入りました??
 公私混同甚だしいのですが、
大元は、病院の広報の一環としてやっているんです。
これでも一応ね・・・。

 隠岐って、個人対個人の関係ではなく、来てくれた
人にはみんなでおもてなししようって文化なんですね。
 うちの師長もラフな感じなんで、就職とか関係なしに
是非是非遊びにきてって言ってくれると思います。
 なんで、病院って聞いて敷居が高いように感じたかも
しれませんが病院にメールしてくれて問題ないですよ!

 いろいろ記入するの面倒でしたね。
 看護部のアドレスに送ってください。
隠岐島前病院 看護部
 電話番号と、アドレスを教えてほしいです。

 んで、またオレから連絡させてもらいます。

 読ませてもらって、隠岐に来る趣旨が
実習ではないですもんね。
 変に緊張させてしまってすいません。
 もし、まるさんが実習に来られても
 当院としては、個人的にでも、貴院を
通してでもどっちでもいいですよ!
 実習内容は、来た人の希望を尊重させて
もらいます。 
 今までも現役の看護師さんが実習に来て下さること
もありますが、当院から所属先の病院に
連絡する事はありません。


 ご連絡お待ちしております。
そして、お会い出来ることを楽しみにしています。

この記事へのトラックバック