今でも先輩じゃ!

 オレ、急に1月に5連休がありまして・・・。

金もねーし、特に行きたい所もなかったんですけど、家におるのもなんなんで

岡山に帰りました。



 んで、前の病院の後輩。飲みに行こうってなりまして。

看護師は新卒で入って現場で勉強する事が多いんで、

プリセプティーとプリセプターって言って新卒の看護師に先輩の看護師が

教育係として一年を通して新卒の看護師が成長するようにするんですわ。

反省会をして、その後はじゃぁ飲みに行こうかっていうぐだぐだな感じの

プリセプティーとプリセプターだったんす。

 なんだかんだで今でもちょいちょい連絡しては、「あかざわさんなんしょんですか?飲みにいきましょうよ!

はぁ、岡山に帰ってきてくれれば飲めるのになぁ~。」

 って言って飲みに行くがためだけに、先輩を隠岐から連れ戻そうとする後輩なんですけどね。



 そんな感じの後輩と飲みにいって、(循環器の集中治療室で働いている)

「あかざわさん、わたしなんか疲れましたわ~・・・。」

って。

 おじいちゃんが、CPA(心肺停止)後に呼吸器つけて低体温療法をやられたり、おばあちゃんが心不全で

透析回したり、補助循環付けたりして・・・。本当にこの人達にとって必要かなって思うんです。

 結局最後は亡くなるし・・・。

 

画像

             グーグルから取ってきた来た画像ですがイメージ的にこんな感じ。

             ※おじいちゃんおばあちゃんはだいたい80過ぎから言ってます。

 隠岐だったらって考えると、この前のブログにも書いたように海があるんで

そこでまず家族も本人も考えるんですよね。

 もうこの年なんでこの病院で出来る事をして下さいって流れになって来る事が多いと思うし、

家族の事も全部知った上でお医者さんが話をするんで家族も納得すると思うんす。

 けど、本土の病院だと治療についてはエキスパートでもそういった配慮って薄くなってしまう事があると

思います。

 そして、家族も先生が希望的な話をすると「じゃぁ。お願いします。」って事になってしまうと思います。

 治療を諦めてしまったら、助かるかもしれない命が、助からないかもしれないし・・・。

って考えたら、本人と家族が納得するのが一番だと思うんですけどね。

 その中で納得し決定するまでに医療者の影響が大きいとオレは思います。




 じゃぁ、オレが・・・!!って訳には行きません。

ちゃーちゃー言うてもだってオレ看護師なんですからね。

 病状の説明は医師。治療の決定権は医師なんですから。



 
 オレもそんなジレンマを抱えて、前の病院辞めて隠岐に来て。

いいかえればそのジレンマから逃げて来ました。

 けれど、島前病院の医療や看護を知りました。

後輩の気持ち余計に歯がゆい。

後輩にこれっていうアドバイス的なものも言えないし、話を聞くだけになってしまいました。

 女子が、ちょっと聞いてくれますぅぅ~~的な話だったら焼酎の中に入った

梅干しを潰しながら、はぁはぁって聞けるけど、そこは聞き流せれん。

 みんながいろんな医療や看護が体験したり勉強できるなんかいい作戦ないかなぁ~。

 辞めればって言って、辞めるのは簡単じゃけどな。

 患者さんの事思えば思うほど疲弊していくって、オレは違うと思うんじゃけどなぁ。

 教科書的にはカンファレンスをしてうんたらかんたらだと思うけど、実際そう簡単にいかんしな。



 今は後輩もできてまじめに話する事もありますが

 昨日、看護学校の友達(プラズマクラスターの下りの友達)に会って、看護学校の話になりーので、

今なんか、ほんま年中ジャージかスエットなんすわ。

 そんなオレが、図書委員でたくさん看護雑誌買うならMENS NON-NO買ってくれって

言ってたらしく、若さって怖いよね。って思いました。

 って思っても、がんがん自分の主張をしてる所は昔とあまり変わらんな。

                                                      あかざわ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

お~む
2012年01月17日 21:21
今日の学生との話の中で、生きる意味や未来の方向性など色々出ました。今の若者達は考える人とそうでない人の差が大きいように思います。
若い人がガンガン意見を出したり、悩んだりするのは頼もしい限りです

あかざわ
2012年01月18日 20:35
 お~むさんコメントありがとうございます。
学校の先生なんです?生きる意味とか方向性とかって
オレも是非その話聞きたいし話たい内容です!
 逆に上の人達僕たちの親世代より上の人達って生きる意味とか
全体的にあんまり考えていなかったように感じます。
 戦後、高度成長期、日本が希望や夢、目標が目に見えていたから。
東京タワー、新幹線、青函トンネル、瀬戸大橋。
 東日本大震災以降の話ですが、日本が目標にあげているのって「絆」
だったり「日常の大切さ」
 目に見えないものであってその中で僕たち(若者たちに入ります。)は
目標にしているため、考える人とそうでない人の差が生まれてくるんかなぁって
思いました。 
 って、でしゃばってすいません。
あかざわ
2012年01月19日 23:09
お~むさん、再度コメントありがとうございます。
 もう一回自分のコメント読み直したら感じ悪いなと思って。
上の人達の下り・・・。不快な思いをしたらごめんなさい。
 考えさせられるコメントありがとうございました。
 今後ともコメントして頂けると励みになりますのでよろしく
お願いします。 
お~む
2012年01月21日 21:30
我々の世代はあなたの言うことにも一理あると思います

私の学生時は、砂川からエンタープライズ、安田講堂までの一連の中でいろいろ考え、苦しんだ時代でした。当時の若者パワーは今の一般的な若者には欠けていると思います

しかし、社会人になってからは高度成長の中では金儲け以外考える余裕がない時代だったかもしれません。
逆にいえば、頑張れば夢が現実になる時代でした。「文句言う時間があれば動け」その生き方が「上の人~」という風に映ったでしょう。
でも、現役リタイヤした世代はこれからどんな生き方を次世代に伝えるのかという大きなテーマを負わされていると思います。
我々の時代、マイナーであった介護、医療、育児等が表になってきた今は当時と違う意味で新しい国造りの中核になると考えています



あかざわ
2012年01月24日 01:37
 お~むさん、コメントありがとうございます。
 あの~砂川からエンタープライズ???って感じでしたけど
調べさせてもらい、基地や原子力空母の問題だったんですね。
 わたくしが、パッと感じたのは、安保闘争なんかがが、いい悪いはよく
分かりませんが、自分達が何かを変えてやる的な外向きな考えや力、発言が
あるなって思いました。
 今の現状、ぼく自身もまぁ世間は勝手にどうにかなるだろう的な考えが
正直あるんで、やっぱりその辺は見習わなければいけないって思いました。
 お~むさんのこれからどんな生き方をしていくのか考えていくのかってのも、コメントを
やりとりさせて頂くなかで興味が沸きました。
 わざわざありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック