隠岐にUFOを呼ぼう!!

画像


 この建物、隠岐にUFOを呼ぶためにオレが

ミステリーサークルを作りました。

 ってのはウソです。仕事を終えて、蚊と戦いトマトの本柱を立ててきました。

 最近、第一次産業をする人達に憧れて、なんちゃって百姓を

していますが、ナメとったな・・・。すぐに草はボーボー

になるし貧乏性で種から植えた方が安いと思って種から芽が出てきて、よっしゃー

って思っていても葉が虫に食われてダメになったりして・・・。

自然相手は大変ですね。

 漁師も農家の人も、寡黙に仕事してかっこいいなぁって感じですが、

やっぱ職業病が出ますね。看護師はしゃべってなんぼですからね。

 しゃべる人がおらんけん、隣の牛としゃべり、トマトの苗としゃべり・・・。

 いやぁ~。ただの頭の悪いおっさんなだけかもしれなかったですね。

画像


 周りの畑はトマトがもう色付いてきましたが、俺んちはまだまだです。

トマトって育ってきたら枝を切らないといけないんですよね?

 誰か、分かりやすく教えて下されば幸いです。

                                       あかざわ




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

お~む
2011年07月03日 21:11
トマトは次から次と脇芽が出てきます

これを摘み取ることが一番大切です

結構肥料食いなんで、この時期たっぷり与えてください。実がついてからの肥料は基本やりません。葉が濃い緑でOK。薄ければ追肥です

ところで昨日気仙沼から帰ってきました。前回の時には(あかざわさんと同じころ)たくさん医療チィームと遭いましたが、今回は「今日で終わる」チームと二組会いました。
瓦礫はあまり変わらないけど、大分落ち着いたように感じました。
あかざわ
2011年07月05日 12:49
 お~むさんコメントありがとうございます。

 多分医療者の方だとは思いますが、トマトの育て方のご存じで
めっちゃマルチ・アンド・オレの先を行ってますねぇ。

 気仙沼の仕事、お疲れ様です。
 気仙沼からも除々に医療支援も撤退を初めているんですね。当院は今も
看護師を一人づつ派遣しています。
 こっちでも話になりましたが、自分たちのお金と人の問題、現地の実情、
いろいろな要因があって引き際ってのも正解がないだけに難しいですね。

この記事へのトラックバック