看護師10年目で新人です

今日は看護師ではなくリハビリ助手に変身です

以前から見学したかった 訪問リハビリに同行させてもらうことに


午前は西ノ島町内の患者さん宅に訪問リハビリ

この患者さんは入院経験もあり顔馴染みの方

といっても、自宅での生活をみるのは初めて

病院でのADL状況は知っていたけど・・・

病院はバリアフリーになってるから移動もまずまず問題なく行える

でも、自宅では色々と障害物が・・・

家具があったり・・・段差があったり・・・ 難しい


午後からは別の島の知夫(ちぶ)村へっ
(月に1回ですが、施設・役場を訪問しています)

島前内の連絡船「いそかぜⅡ」に乗り込み いざ出発

まずは施設デイサービスを利用している方のリハビリ

普段の様子を伺いながら筋肉をほぐしていく

画像


そして、歩行状態のチェック&アドバイス


次に村役場へ

画像


同じように話をしながら毎日のリハビリについてアドバイス

この患者さんはリハビリとして 知夫の風景はがきにスタンプを押す仕事をしています

画像

                     (キレイな風景はがきだったので購入しちゃいました)


その後は在宅を2件訪問

家でできるリハビリについてアドバイスしていました



病気・ケガで入院したら まずは病院でリハビリをしますよね

でも 生活するのは自宅なんです

だから 退院前にはリハビリスタッフが患者さんと一緒に自宅を訪問

安全に生活するために 手すりなどの設置位置を確認したりします

そして退院してからも 必要に応じて在宅でのリハビリを続けます

看護と同じで リハビリも入院~在宅での患者さんの様子を一貫してみれるのは大切なことだなと感じました

患者さんが本当に必要としていることを知るためにも


こんな風に 3人のOTたちは島前内を動き回ってます
 
どこの病院を探しても こんなに色々なコトに対応してくれるOTはいないと思います

まだまだ若いメンバーたちですが これからの成長が楽しみです

                                  って 偉そうに 上から目線のマエでした



おまけ

知夫村のマンホールの蓋 かわいいですよね

画像



                                           


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック