島根でがんばる。

 皆様、始めまして。4月から島前病院で働いています、看護師の赤澤です。
晴れの国岡山出身です。
 隠岐では桜が満開~散りかけです。温かくなり、海もどんどん青さを増して
きています。
 しかしながら今日は暴風雨で寒い一日です。ミシュランマンみたいな格好で
パソコンに向かっています。
 
 働き始めて1週間ほどなので目の前の仕事にいっぱいいっぱいで働いている
ので、離島、地域医療の事を自分の口から話せれるのはもう少し時間がかかり
そうです。

 なんで、なぜ島前病院に来たのかを紹介させてもらい島前病院の良さや温かさ
を感じてもらい、こんな看護師が働いているんだと身近に思っていただけたら幸いです。

 島前病院に来たきっかけはブログの中で、見学いつでも受け付けます言葉でした。
看護師になろうと思ったきっかけが在宅医療や地域医療に興味があったからで、
本当に気軽見学という気持ちで、去年の7月に1週間島前病院に来させていただきまし
た。なので自分が今、隠岐にいるなんて思ってもみませんでした。濃い1週間を過ごさせて
頂きましたが、1週間の見学の感想より今後の日々の方が、確実にお伝えしたい内容に
なると思いますのでまたこうご期待という事で。
帰りのフェリーの中で、いつかはこんな島の病院で働いてもいいかなと思いながらも、
岡山の病院でいつもの生活がはじまりました。
しかし隠岐での事が忘れられませんでした。患者さんが一番、より
よい方向へ考える医療を、医師・看護師・OT、病院全体のスタッフが一丸となって提供
している事が忘れられず、同世代が輝いて働いていることに焦りすら感じました。隠岐
から帰って一週間後病院と辞めると職場の上司に言いました。
そして、8月島前病院の看護師長さんに働きたいという旨を伝えました。
 
ここからが、グータラ人間赤澤の本性です。
 9月に再度、当時の職場の看護師長から(一応循環器内科の病棟で働いていました。)
循環器以外の消化器の患者は看れる?外科は?小児科は?大丈夫?
 島前病院は隠岐島前地域の西ノ島町、海士町、知夫村から患者さんは全員来ます。
今の看護師の自分には自信が持てませんでした。
 当時の自分の結論として、やっぱり行くのを辞めておこう。島前病院の
皆さんに謝りに行こうと冬の日本海を渡り再度隠岐へ。そこには院長、看護師長
主任、病院のスタッフの方々が待っていて下さり、ただ看護師不足だから島前
病院で働いてという訳ではなく、自分の中で何に悩んでいるのかを夜遅くまで
話を聞いて下さりました。翌日のフェリーの時間まで・・・。結局、そこでは働くのは
待って下さいと返事をしました。帰りのフェリーで本土が見えているのに全然近づいて
きません。だんだんイライラしてきます。自分も行きたい所は見えているのに理由をつけて
とどまっても意味があるのか?と。最終的には師長さんの「今のままの
赤澤くんで十分だよ。」と言う言葉でした。本当に勝手ですが、七類に着いた
時は隠岐で働こうと決めていました。様々な疾患の患者さんと接することが
求められますが、個々の患者さんと自分のできる範囲で向き合い、勉強させていただこうと
思います。
 言葉で言うのは難しいですが、肩肘張らず、患者さんとの距離も病院のスタッフの距離
もみんな近い距離で働ける病院だと思います。
 
 今日も朝早くから外来に患者さんが来て、病棟もにぎやかで、往診も訪問看護も
イニシャルD張りの運転テクニックで西ノ島町の海岸沿いの道を患者さんの元に走って行きます。
頭文字Dは島前のDです。

 違和感なく「本土」と呼べる日はまだ時間がかかりそうですが、島の看護師さんに
なっていきたいと思います。長々と呼んで下さりありがとうございました。

                                赤澤

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

はな
2010年04月12日 19:17
初めてコメントします。いつも楽しくブログ拝見してます。赤澤さんがでてらしたこの前のNHK見ましたよ。島前病院のことは他に雑誌でも見て知ってました。実は私も心揺れている(いた?)一人です。以前ジャパンハートの吉岡先生が島前病院の院長先生や師長さんのことをすばらしいと言っておられました。本当にそのとうりですね。「今のままのあなたでいい」って言葉。こんな風に言ってくれる上司はなかなかいませんよね。
まだまだ慣れなくて大変だと思いますが、無理せずに頑張ってください。島前病院での仕事をブログにのせてもらえたら嬉しいです。

この記事へのトラックバック