当院の訪問看護

画像



 当院は退院した患者さんを訪問看護ステーションに依頼するのではなく、当院の外来の看護師が訪問看護を行っています。外来の看護師は夜勤帯では療養病棟の患者さんもみているので、入院中の患者の様子、外来での様子、家での様子を全て知っている看護師が訪問に行きます。私は病棟のみで働いているので訪問看護を行っている看護師に家族構成や家での生活の様子を聞くと退院指導がとてもしやすく、このシステムは訪問看護ステーションだけやっているところよりも画期的だなと思っています。

今日は訪問看護に同行させてもらいました。
今日訪問した患者さんは13年前に突然で倒れ、寝たきりになり、体の向きも自分で変えることができず、胃に穴をあけてそこから食事をとっている患者さんした。

 その患者さんを奥さんが13年間家で一人でみています。

 奥さんは炊飯器の熱を使用して清拭用タオルを温めるなど家にあるものを使ってスムーズに看護が出来るように工夫してくれていました。

 患者さんは体を自分で動かせないのでお尻に少し床ずれができていました。
床ずれの処置をしている時、奥さんは「この人は13年間オムツをはいているのにこんなに小さい床ずれしかできてない。あんたは偉いっていつも誉めているんです。」と話されていました。週3回の1時間程度の訪問看護しかサービスで受けておらず、オムツ交換、経管栄養など全て奥さんが担っています。患者さんも頑張っているけど、奥さんの頑張りは本当にすごいなと思いました。13年間こんなに頑張っていて旦那さんにこんな言葉をかけれるって素晴らしいなと感動しました。

 もっともっと訪問看護に同行して、患者さんや家族の色んな人生を見てみたいなと思いました。患者さんの人生を知って、看護が出来るともっと楽しく仕事も出来るし、患者さんが提供してほしい看護がわかるんじゃないかなと思います。


                                                       いっちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

はな
2010年04月27日 01:28
先ほど準夜から帰ってきて、何回も読みました。泣けてきました。ただ感動したからだけでなく、色んな思いで。島前病院が気になりだした頃、隠岐病院の友達に聞いたことがあります。「島前病院の看護師さんたちはいつも楽しそうに仕事してるらしいよ。患者さんのことを考えて」って。ほんとにそんな病院があるのかと半信半疑でしたが、ほんとみたいですね(^-^)
こんな病院で働いたら、看護師になってよかったってまた思えますかね?
いっちゃん
2010年04月27日 23:12
私は看護師という職業に誇りを持っています。
当院で働いているからではなく働き始めたころからずっとです。
私はジャパンハートというボランティア団体の一員で1月までミャンマーで医療活動をしてきました。看護師だから異国の地でも救えない命を救うことに頑張れたんだと思っています。辛いことや面白くないことがあっても看護師を続けていればいつかやっててよかったなと思えるようなことに出逢えると思います。この職業は素晴らしいです。

で、話は変わりますが、当院の看護師は以前ブログで書かせていただいたようにしなくてもいい外出を患者さんのためにします。訪問看護も充実していますし、月に2回以上福祉施設や保健師さん、病院のスタッフ合同で会議を開き退院後の患者さんや入院中の患者さんの状態を報告しあっています。なので退院後、福祉施設に入所した患者さんの情報も把握できます。大学病院などは先輩がすごく厳しい印象がありますが、当院の先輩看護師さんたちは若者の意見をすごく聞いてくれますし、アットホームな職場です。何より師長が素晴らしい人で話すだけで癒されます。島前の母と思っています。休暇に一度見学に来てください。楽しみに待っています。このホームページのどこかに見学申し込みが出来るサイトがあるみたいです。

この記事へのトラックバック