島根医大

画像
島根医大にて「隠岐島前病院の研修で感じたこと」をお話しさせて頂く機会がありました。今回はジャパンハートの看護団として、半分ミャンマー体験・半分隠岐島前病院体験をまとめて発表しました。こころざし高い看護学生さんや医学生さんたちが集まり、真剣に耳を傾けて下さいました。ありがとうございました。

アンケートの中で、隠岐島前病院についての感想がありますのでアップします

・離島僻地で働きたいと思った。
・学生の時に僻地で働くNS・保健師の実習をした時のことを思い出しました。現在は出雲の病院で業務に追われています。その中で隠岐の病院の話をきいて理想的だなと思いました。
・自分の視野の狭さや医療の広さを感じた。こういう講演会に積極的に参加してみようと思った。
・海外支援も日本の医療も考え方が変わった気がします。
・今まで全く興味がなかったけど、隠岐とか外国で看護するのもいいなと思いました。
・ずっとではないが、一度働いてみたいと思った。
・僻地医療での全人的に診るという体制が素晴らしいと思い、働きたいと思った。とても刺激になりました。

興味のある方、ぜひ島前病院に問い合わせて下さい。見学は随時歓迎してますとのこと。
私も、フェリー乗り場まで迎えに行きます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック