高校生の1日看護体験

今年は隠岐高校と隠岐島前高校の2校から、8名の高校生が来てくれました。
初めて看護体験に参加した学生、昨年に引き続いて2度目の参加の高校生のみなさん、隠岐島前病院へようこそ。

《ナース姿で白石院長と記念撮影》 
画像

《ナースステーションで気分は看護師さん》
画像


*感想文(一部抜粋)
初めての体験で、何をしていいのか全然わかりませんでしたが、皆さんに教えていただいたおかげで充実した1日にすることができました。
お風呂に入れる時も最初はどうしていいか分からず、ただ立っている状態だった私に優しく指示してくださったおかげで、不器用だったかもしれませんが手伝えて嬉しかったです。
いろんな患者さんがいて、その人に合わせた食事や看護があって、とても興味深く、医療に携わることの奥深さを体験することができました。
訪問看護も担当看護師さんが本当にわかりやすく説明してくださったので、移動中も訪問中もすごく楽しかったです。
”島前病院は退院された患者さんでも、ずっとつながりがあって、周りの人々や家族との信頼関係が生まれる”など説明を受け、島前病院の素晴らしさを知りました。
また、お茶と蜂蜜で口腔ケアをするなどの工夫がおもしろかったです。
そして患者さん1人1人に、ちゃんと話しかけたり、状態をみたりする事が大切なのだとわかりました。
ナースキャップや制服を着ることができたのも嬉しかったです。
看護師さんや看護助手さん達の仕事はとても大変だけれど、それ以上に楽しくてやりがいがありました。ありがとうございました。


いえいえ、こちらこそ若いエネルギーをありがとうございました。
せっかくの看護体験ですので、今では珍しい(?)ナースキャップを準備しました。
体験内容は、入浴介助、食事介助、口腔ケア、ベッドメーキング、訪問看護等盛りだくさん。
体験終了後の感想文には、素直な感動と未来への力強い夢と希望があふれていました。
来年度もたくさんの高校生が看護体験に参加してくれたら、と願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック